大切なお子さまの歯を守るためには、乳歯のうちから虫歯の予防と治療を行うことが大切です。しかし『子どもが歯医者さん嫌いで、治療に行こうとしない』とお悩みのお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか。

当院では、歯医者さん嫌いなお子さまも、安心して虫歯の治療が受けられるよう、さまざまな工夫を行っております。

お子さまの虫歯治療

子ども虫歯

大人と子どもの虫歯治療には、大きな違いはありません。虫歯が歯の表面だけにみられる場合は、歯を削ることなく石灰化を期待することができるため、子どもでも安心して虫歯の治療を受けることができます。しかし、虫歯が歯の奥深くにまで広がっている場合、切削や抜歯などを行う必要が出てきてしまいます。

これまでに切削や抜歯などの虫歯の治療を経験されたことのある大人でも、我慢するのが大変な歯科治療を、子どもが我慢することはとっても難しいものです。

当院では、このような我慢の難しい虫歯治療を、どうしても行わなければならないお子さまの不安や緊張を取り除くため、スタッフみんなで力を合わせて、安心・安全な虫歯治療を心がけています。

小児の虫歯治療

子ども歯科

子どものころの嫌な記憶は、成長して大人になったあとも、ずっと頭のなかに残ったまま離れません。
そのため、子どものころに歯医者さんに行って、嫌な思いや痛い経験をしてしまうと、「歯医者さん=嫌いな人、苦手な人」というイメージが残り続けてしまいます。

そこで、当院では、虫歯になってしまったお子さまの歯を治療する際、まずは“慣れてもらう”ところから始めます。

お子さまが、自分からお口を開いてくれるまで、焦らずじっくりと待ちます。
そのあいだ、治療を担当する歯科医とスタッフたちで、ユーモアを含めた温かみのある優しい言葉で、分かりやすく丁寧な虫歯治療のお話しをさせていただき、お子さまの不安や緊張をゆっくりと和らげていきます。

ドクターからのコメント

歯医者さんに対する恐怖心から、泣き始めてしまうお子さまの場合、このまま無理やり虫歯治療を始めてしまうと、心に一生残る傷を付けてしまうことになりますので、そのようなことは絶対に致しません。

けれど、痛くも怖くもないけれど、まわりに甘えたいために、オーバーに泣いてしまうお子さまの場合、毅然とした態度で虫歯の治療にあたらせていただくこともあります。

どうしても泣き止まず、虫歯の治療が難しい場合は、小児歯科専門の先生をご紹介させていただきます。

子どもの虫歯予防

子ども歯磨き

子どもの歯は、大人と比べると、虫歯になりやすいため、普段から虫歯にならないための予防をしっかりと行うことが大切です。

とくに、乳歯から生え替わったばかりの永久歯は、大人と比べて、十分な厚みと硬さがありません。
そのため、この時期にしっかりと虫歯予防を行っておかないと、大人になったとき、歯を削る、抜くなどの痛みを伴う治療を行わなければならなくなってしまいます。

子どもの虫歯は、治療をせずに放っておくと、これから生えてくる永久歯の形成や歯並びなどに、さまざまな影響を与えてしまいますので、早期治療がとても重要になります。お子さまのお口の健康を守るためにも、定期的に歯科検診を受け、虫歯を予防することが大切です。

当院では、大切なお子さまの歯を虫歯から守るため、「フッ素塗布」と「シーラント」2つの予防処置を行っております。

フッ素塗布

フッ素

ミネラルの1種である「フッ素」には、

  • 歯の再石灰化を促す
  • 歯の表面の歯質を強化する
  • 虫歯の原因となる細菌の働きを弱める

などの働きがあります。フッ素は、魚介類やお茶などのさまざまな食品に含まれている自然界に存在する物質ですので、乳歯が生え始めてきた生後6ヶ月ごろから塗布することができます。親御さんのなかには、フッ素の過剰摂取を心配されている方も多いのですが、適切な使い方をしていれば、フッ素を摂りすぎてしまうことはありませんので、ご安心ください。

フッ素メモ

乳歯

当院では、乳幼児から15歳までのお子さまの虫歯予防として、フッ素塗布を行っています。

とくに、成人の歯と比べて、歯質が弱く、十分な厚みと硬さの無い、生えてきたばかりの乳歯や生え替わったばかりの永久歯は、虫歯になりやすい傾向にあるため、フッ素による歯質の強化を行うことは、虫歯を予防するうえで、とても効果的な予防方法となります。

フッ素による虫歯予防を行う場合、必ず虫歯の原因となるプラークを除去してから行う必要がありますので、定期的に歯科医院へ足を運び、歯科検診を行いながらフッ素塗布を行うのがおすすめです。

シーラント

シーラント

シーラントとは、第一小臼歯から第二大臼歯が、乳歯から永久歯へと生え替わったタイミングに行う虫歯予防です。生え替わったばかりの永久歯は、

  • 歯質が弱い
  • 奥歯の溝が、深くて細かい複雑なかたちをしている
  • 成長途中で背丈が低い

など、成人の歯と比べて、歯ブラシが届きにくく、汚れを落としにくいため、とっても虫歯になりやすくなっています。

シーラントは、永久歯に生え変わったばかりの奥歯が虫歯にならないように、フッ素成分が配合された白い歯科用樹脂素材「レジン」を奥歯の溝に埋めて、虫歯にならないようにガードします。シーラントの素材は、虫歯治療のときに使用する「詰め物」と同じ素材なので、カラダに害を及ぼす心配はありません。

シーラントメモ

シーラントは、歯の表面の歯質を強化するフッ素塗布と共に、よく小児歯科にて行われている虫歯予防のひとつです。

永久歯に生え変わったばかりの可愛らしい奥歯が虫歯にならないよう、奥歯の溝をフッ素成分配合のレジン素材で埋めることで、食べカスや汚れが溝に入り込まないように防ぐことができます。さらに、フッ素の働きにより、歯質も強化されますので、より虫歯になりにくくなります。

ただ、シーラントを行う場合、一定時間お口を大きく開ける必要があるため、どうしてもお子さまの協力が必要不可欠になります。歯医者さんが怖くて泣いてしまったり、緊張してお口の開きが小さかったりすると、シーラントを行うことができません。

当院では、どうしてもシーラントによる虫歯予防処置が難しい場合、定期的にフッ素塗布をさせていただき、お子さまが慣れてきたところで、シーラントによる虫歯予防処置を始めさせていただいております。

お子さんの虫歯治療・予防はお早めに

子ども歯ブラシ

大切なお子さまのお口の健康を守るためにも、虫歯の治療と予防は早めに行っておきましょう。

子どもの虫歯は、進行が早く、痛みが出にくいため、気付いたときには手遅れだったなんてことも少なくありません。けれど、まだ永久歯がしっかり生えていない段階で、虫歯になった乳歯を抜いてしまうと、

  • まわりの歯が移動して歯並びが悪くなる
  • かみ合わせや顎の発育に影響が出やすくなる
  • 変色した永久歯が生えてくる
  • 永久歯が埋まったまま生え出てこない

など、さまざまなトラブルを引き起こす原因となります。また、子どものうちに虫歯になってしまうと、虫歯の無い子どもと比べて、お口の中に存在する虫歯菌の数が多いため、新しく生え出てきた永久歯が虫歯になりやすくなってしまいます。

大切なお子さまのお口の健康を守るためにも、日頃から虫歯にならないように気を付けることが大切です。当院では、お子さまが大人になったとき、お口の病気やトラブルで悩まないよう、虫歯の早期発見と予防処置にも力を入れています。この機会に、ご家族そろって、虫歯の早期発見や予防処置を行ってみませんか。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは、
お電話にて承っております。
ご予約のキャンセルは、
お電話にて早めにご連絡ください。

診療時間休診日/火曜・日曜・祝日 診療時間/10:00-13:00 14:30-19:00

住所

〒244-0817 神奈川県横浜市戸塚区吉田町3001-12 明治ビル1F

045-862-1180※お電話は診療時間のみ受付となります。

電車/地下鉄

JR横須賀線・東海道線「戸塚駅」東口徒歩1分
横浜市営地下鉄ブルーライン「戸塚駅」5番出口徒歩1分