歯科治療では、お口の病気や突然の事故などによって歯が欠けたり、頭の一部が失われてしまったりしたときに詰め物・被せ物の処置を行います。特に「お口の機能」と「見た目の回復」の両方を満たしたセラミック治療の事を「審美歯科」と呼びます。

当院では、虫歯や事故などで失われてしまった歯を、詰め物 (インレー)被せ物 (クラウン)などを使って、ただ治療するのではなく、お口の機能を自分の歯があったときの状態にまで近付けると同時に、見た目の美しさも満たしていく審美歯科治療を行っています。

奥歯の詰め物 (インレー)

セラミックインレー

虫歯になってしまった奥歯の治療を行った際、かみ合わせや見た目の変化、虫歯の再発などを防ぐため、「インレー」と呼ばれる詰め物をします。

奥歯に小さな虫歯ができてしまった場合、虫歯の部分だけを切削し、インレーを入れることで、患者さまご自身の歯本来の機能を損なうことなく虫歯の治療を行うことができます。

当院では、奥歯の虫歯をインレーによって治療を行った際、「Eマックスインレー」を使用しています。

Eマックスインレー

Eマックスインレー

Eマックスインレーとは、「ニケイ酸リチウムガラスセラミック」を主成分とする世界最先端のセラミック素材のことです。

ニケイ酸リチウムの強度は、400MPaとたいへん硬く、セラミック素材のなかで、もっともヒトの歯に近い硬さと耐久性を持ち合わせています。また、透明感が均一なセラミックなので、エナメル質のナチュラルな透明感を再現することができます。

Eマックスインレーの基調色は、20種類以上ありますので、治療を行っていない健康な歯に近い色を再現することができます。もしも、患者さまにピッタリな基調色が無くても、素材の表面に上薬を塗布することで、患者さま1人ひとりに合わせた歯の色や質感などを再現することができますので、食事やおしゃべりの際に、お口を大きく開いても、まわりの人に知られてしまうことは、ほとんどありません。

Eマックスインレーのメリット

  • 自分の歯に近いナチュラルな白い歯にみせることができる
  • ヒトの歯に近い強度と耐久性を兼ね揃えているため、まわりの健康な歯と歯茎を傷めにくい
  • 生体親和性が高く、メタルフリー
    など

Eマックスインレーメモ

Eマックスインレー

当院では、奥歯の小さな虫歯を治療する際、お口の機能性と審美性を兼ね揃えたEマックスインレーを使用した歯科治療を行っております。

Eマックスインレーは、患者さまの歯の色や質感などに合わせて、少しずつセラミック素材を盛り、より自然な仕上がりになるよう、丁寧に仕上げていきます。

また接着性レジンセメントを使い、歯とセラミック素材をピッタリと密着させることができ、熱伝導率も低く、経年劣化による減りや着色が起こりにくいなどのメリットがあります。

まわりの健康な歯と区別がつかないほど、白く美しい歯に見せることができるEマックスインレーですが、

  • 保険適用外の治療
  • セラミックの厚みが薄いと破折する危険性がある
  • 症例によっては、治療に不向きな場合がある

などのデメリットもありますので、当院では奥歯の虫歯治療を始める前に、治療プランの計画を立てさせていただいております。
奥歯への詰め物に関するご質問や気になる点などございましたら、遠慮なくご相談ください。

前歯の被せ物 (クラウン)

前歯オールセラミッククラウン

虫歯などのお口の病気や突然の事故などによって、前歯の一部分を大きく失ってしまった場合、「クラウン」と呼ばれる被せ物をします。

クラウンは、治療した歯をスッポリと覆うようなかたちをした補綴物であり、インレーではカバーすることができないほど、歯の欠損が大きい場合に用いられます。

当院では、前歯の虫歯や欠損の治療を行う際、「ジルコニアクラウン」「フルジルコニアクラウン」「ラミネートベニア」を使い、審美歯科治療を行います。

ジルコニアクラウン

前歯ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウンは、「ジルコニアオールセラミッククラウン」とも呼ばれており、セラミックの仲間「人工ダイヤモンド」を素材とする被せ物のことです。

日本では、優れた強度と靱性があり、生体親和性も高く、安心・安全な白く美しい歯に仕上がる人工歯として、2005年に歯科用ジルコニアセラミックとして、薬事法の許可を受けています。

当院では、患者さまの健康な歯の色や質感に合わせて、ジルコニアの冠部分にセラミックを焼き付けたジルコニアクラウンを前歯の補綴物として使用しています。

ジルコニアクラウン焼付タイプは、前歯の審美歯科治療のなかでは、もっとも自分の歯に近いリアルな色や質感などを再現することができるため、食事やおしゃべりをするときに、お口を開いても、まわりの人に知られにくいというメリットがあります。

フルジルコニアクラウン

前歯フルジルコニアクラウン

フルジルコニアクラウンとは、ジルコニウムの酸化物「人工ダイヤモンド」を、前歯のかたちに加工した被せ物のことです。

ジルコニアは、これまで、被せ物の表面にセラミックを焼き付けるための骨組みとして使われてきたのですが、ここ数年、患者さまのあいだで、金属よりも強度と靱性が高く、生体親和性に優れた白く美しい審美歯科素材を求める声が増えており、ジルコニアそのものを歯のかたちに加工した「フルジルコニアクラウン」による歯科治療が普及しつつあります。

けれど、フルジルコニアクラウンが登場したばかりのころは、自分の歯よりも透明度が低く、まわりの健康な歯よりも白かったため、前歯の審美歯科治療には不向きとされてきました。しかし、歯科技工士さんの技術力や適合精度の向上などによって、以前よりも審美性が良くなり、より自分の歯に近い自然な白い歯に見せられるようになりました。

ただし、前歯に使用されているほかのクラウンと比べると、やや審美性に劣るため、厳密な審美性を求めていない患者さまにおすすめの補綴物となっています。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、前歯のみ行うことができるセラミック治療方法で、主に歯の表面を白くしたり、歯と歯の隙間を埋めたり、歯のかたちを部分的に整えたりする際に行われます。虫歯やテトラサイクリンなどの抗生物質によって、歯の色が変色してしまった際にも有効な歯科治療です。

これまで前歯の変色を治療する際は、前歯の全周をキレイに削り、その上からクラウンをスッポリと被せてしまう方法が一般的でした。しかし、この方法では、健康な歯に大きなダメージを与えて、歯の寿命を短くさせてしまうため、決して有効的な治療法とは言えませんでした。

しかしラミネートベニアによる治療であれば、歯の表面を0.3mm~0.5mm (最大0.8mm)ほど削ったあと、自分の歯に近い色をしたセラミック製のシェルを、歯の表面にしっかりと貼り付けて固定するだけなので、健康な歯に必要以上のダメージを与えることなく、前歯を審美的に治療することができます。

奥歯の被せ物 (クラウン)

奥歯セラミッククラウン

インレーではカバーしきれない大きな虫歯や、事故などによって歯が折れたり、欠けてしまったりした場合、前歯と同じく、「クラウン」による審美歯科治療が行われます。

当院では、お口の機能性と審美性を兼ね揃えた「フルジルコニア オンリーのクラウン」にて、奥歯の審美歯科治療を行っております。

フルジルコニアクラウン

フルジルコニアクラウン

「人工ダイヤモンド」としても、たいへん有名なジルコニアのブロックから、治療した奥歯にピッタリと合うサイズの人工歯を削り出し加工で作られる被せ物です。

フルジルコニアの表面には、ポーセレン(陶材)を使わずに仕上げていくため、自分の歯に近い色や質感を出すことはできません。

けれど、前歯とは違い、お口の奥のほうにある奥歯は、お口を必要以上に大きく開けなければ、ほとんど気になりません。また、医学の進歩によって、歯科技工士さんの技術力や適合精度なども少しずつ向上しており、以前よりもフルジルコニアクラウンの審美性が良くなり、自分の歯に近いナチュラルな白く美しい歯に見せることができるようにもなっています。

セラミック治療メモ

保険銀歯

お口の機能性と審美性を兼ね揃えた審美歯科治療をご希望の場合、保険適用外での治療となります。

そのため、時間の経過と共に劣化していくインレーやクラウンは、保険適用で治療を進めたいとお考えの患者さまも少なくありません。けれど、保険適用のインレーやクラウンは、

  • 寿命が短い
  • 審美性に欠ける
  • 金属アレルギーが起こる可能性がある
  • 健康な歯に大きなダメージを与えてしまう

などのデメリットがあります。もちろん、保険適用外のインレーやクラウンにもデメリットはあります。しかし、保険適用外の場合、治療方法や使用する素材など、選べる幅が大きく広がるため、患者さまのご要望を十分に応えることができます。

当院では、患者さまのお口の状態などに合わせ、治療を始める前に、じっくりと治療プランを患者さまと一緒に立てさせていただいております。

治療プランを立てている際、インレーやクラウンに関する不安や心配ごとがありましたら、遠慮なくご相談ください。

全顎治療(フルマウス治療)

フルマウス治療

全顎治療とは、お口のなかを1つの単位として捉え、かみ合わせや顎関節などを総合的に考え、患者さま1人ひとりに合わせた最善の歯科治療を行っていくことです。

この治療方法は、

  • 虫歯や歯周病によって、歯がボロボロの方
  • 長年、歯医者さんに通い続けているけれど、いっこうに症状が改善されない方
  • 歯医者さんから『なんでこんなになるまで放っておいたの』と言われるのが、嫌な方

などにおすすめの歯科治療です。

全顎治療では、虫歯や歯周病などの歯科治療、審美歯科、インプラント治療、矯正歯科、かみ合わせ治療 (咬合治療)など、ほぼ全ての歯科の治療方法を駆使して、患者さまのお口のなか全体を隅々までキレイに治していきます。

しかし、全顎治療は、歯科治療のおける総合的な知識と経験、洗練された技術力が必要となる専門性の高い治療が求められるため、誰でも行えるというわけではありません。

当院は、全顎治療を含む審美歯科治療を得意とする歯科医院です。
全顎治療をご希望の患者さまは、ぜひこの機会に、当院まで足をお運びください。

西郷院長からのメッセージ

歯科医師

当院は、歯の無いところに歯を作る「全体的な咬合の回復・欠損補綴」を得意としています。

わたしは、歯科治療のなかでも、全顎治療の分野を得意とする歯科医です。

全顎治療は、たいへん時間のかかる治療ですので、患者さまのご理解とご協力がもっとも必要不可欠となります。そのため、患者さまのなかには、治療を始める前のカウンセリングやご相談の際に、治療を断念されるケースもあります。

全顎治療を含め、インレーやクラウンなどの審美歯科治療は、患者さまと歯科医が信頼し合ってこそ、成功する治療です。これまで、わたしは、いくつもの全顎治療を経験してきましたが、長くつらい治療を終えたあと、患者さまがお口のなかを見て、たいへん喜んでおられる姿は、歯科医の冥利に尽きます。

全顎治療には「保険適用」と「自費診療」の2パターンがあります

歯科医師マイクロスコープ

保険適用外での全顎治療では、治療方法の選択肢が広がるため、患者さまのご要望に沿った治療を行うことができます。しかし、当院では、やや時間はかかりますが、保険治療の範囲内でも、お口の機能と審美性を回復させてゆく治療も得意としております。

ただ、どうしても保険治療には制約がございますので、その制約の中で、患者さまのご要望を十分にお応えすることができるかを、どのようにお口の機能と審美性を回復させてゆくべきか、その設計をとことん考え、患者さまと相談しながら、治療を進めていきます。

全顎治療をはじめ、お口の機能や審美性を回復させる審美歯科治療は、患者さまと歯科医の信頼関係なくしては、決して成功させることができません。

治療を行ううえで、よく理解できていない点や気になる点などがございましたら、どんどんご相談ください。

わたしも、患者さまのお口を治療するうえで、気になる点や治療に関するご提案を、どんどんさせていただきます。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは、
お電話にて承っております。
ご予約のキャンセルは、
お電話にて早めにご連絡ください。

診療時間診療時間/10:00-13:00 14:30-19:00
休診日/火曜・日曜・祝日

住所

〒244-0817
神奈川県横浜市戸塚区吉田町3001-12
明治ビル1F

045-862-1180※お電話は診療時間のみ受付となります。

電車/地下鉄

JR横須賀線・東海道線「戸塚駅」東口徒歩1分
横浜市営地下鉄ブルーライン「戸塚駅」5番出口徒歩1分